FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋的茶会 Nagoyatic tea ceremony

尾張名古屋のお茶は庶民の文化。
The tea culture in Nagoya is a vigorous popular culture.

文化文政の時代(1800年代初め、江戸中期)、尾張一帯では武家や商家から庶民まで、尾張藩が抹茶禁止令を出すほどに茶が大流行しました。
織田信長の弟の有楽斎が始めた有楽流に始まり、
京で茶を習って帰ってきた豪商らによる千家流茶道、
表千家から派遣されてできた松尾流など名古屋特有の流派もできました。
Chanoyu became very popular despite classes of society in the middle age of Edo period in early 1800's.
There were many schools of tea ceremony in Nagoya at that time.
Urakuryu(the Uraku way of tea) was founded by Oda Uraku who was Nobunaga's brother. Senkeryu(the Rikyu way of tea) was popularized among wealthy merchants like Ito Jirozaemon who was the founder of Matsuzakaya department store. Matsuoryu(the Matsuo way of tea) was founded by Matsuo Soji who was dispatched to teach tea procedure from Omotesenke in Kyoto.

禁止令は効果がないどころか、ますます盛んになるばかり。
当時の名古屋は饅頭の生産高も日本一でした。
明治になって西尾が抹茶の大産地となり、ますます抹茶は身近な飲み物となったのです。
Tea culture was too popular and so Owari Domain enacted a ban on tea ceremony but it didn't work at all. Nagoya people was the main consumer of Manju(Steamed bean-jam bun) as well.
Nishio, which is located close to Nagoya, became a major production area of Macha(green powdered tea) in Meiji period, and Chanoyu became an entertainment familiar with the public more and more.
Many local coffee shops traces back to Nagoya's tea culture.


そんな名古屋のお茶会で、圧倒的頻度で使われる茶舗といえば、松柏園(しょうはくえん)です。松柏園は升半茶店の別名。
そう、夏限定の抹茶ソフトが美味しいあの店です。

お茶を一口飲み、客は亭主に対して「銘は?」とお茶の銘柄を聞きますが、
「千代昔でございます」
と答えられたら、それは松柏園の最高格の濃茶用抹茶、
名古屋において最高格のお茶会といえるでしょう。
Shohakuen is the most popular tea company in Nagoya.
If Chiyomukashi,the highest grade of green tea of Shohakuen, are used at tea ceremony, that means you join in one of the best tea ceremony definitely.
hatsu2.jpg

東山荘で行われた社中の初釜。
hatsu1.jpg
気心の知れた仲間で美味しいお茶を飲み歓談することが
お茶会の何よりの楽しみです。
誰もが茶を飲みおしゃべりする尾張名古屋、現在も喫茶店文化となって受け継がれています。
Our school's Hatsugama(new year's tea ceremony) was held at Tozanso in Nagoya. There is no greater pleasure than that of having a pleasant chat at such a gathering with close friends over food and drink.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。